増改事例
増改事例TOPページへ
玄関ドア・窓の交換からトータルなリフレッシュ工事まで、
ひと足早く快適な生活を送られているご家族をご紹介します。
神奈川県I邸
 18年前、分譲していた現在のお住まいを購入されたIさん。
 「いろんな不具合を感じながらも、ほぼ当時のまま住み続けてきましたが、もうこれ以上我慢する必要もないだろう」と、三協アルミに相談を持ちかけられました。
 「実は他の会社にも声はかけてはいたのですが、多岐にわたる私たちの希望をいちばん汲みとってくれていたのが三協アルミでした。また、一事が万事念入り。安請け合いするのではなく、実現可能かどうかを事前にきっちりと確認してくれる体制と知り、依頼してよかったなと思いました」。
 外まわりは、以前の面影を生かしながら、高級感漂う玄関ドア&雨戸付サッシに交換することでお住まい全体の雰囲気がグレードアップ。
「耐久性の高いアルミ製ですから、これからはもうささくれや変形などの心配をしなくて済むのが何より。訪れる知人からも、大変好評です」。
I邸外観(右がリフォーム前、下がリフォーム後)。シミで黒ずんでいた外壁を白く塗装し直しました。また背の高い玄関ドアと雨戸の鏡板がアクセントとなり、表情にメリハリが生まれています
都市部に建つI邸では、防犯のため雨戸は必須アイテム。以前の雨戸はレールが木製だったため風雨や西日の影響で変形し、開け閉めしづらくなっていたそう。今回採用された<ノイスタR>雨戸付サッシは、「少しの力でスムーズに動きます。サッシ部分の中桟がないタイプなので、外観もすっきりした印象になりました」
 
玄関ドアには、雨戸付サッシと同じホットブラウン色の<サンプリマ>をコーディネート。子ドア部分にポストが組み込まれたタイプを選ばれ、コンパクトな玄関まわりのスペースを機能的に活用されています
 「狭くて暗い台所、タイルにヒビが入ったお風呂、タンクが結露でびしょぬれのトイレ…。今思い出しても、うんざり」と語られるように、水まわりはIさんのもう一つの大きな悩みでした。今回、先進の設備機器を随所に採り入れたリフォームで課題は全て解決。給排水管の交換・移動をともなう水まわりリフォームは、I邸のように一度に行うのが費用節約にも効果的です。「リフォームっていいですね。家の他の部分も、もっとキレイにしてみたいと欲が出てきました」(奥さま)
キッチンは、足元を有効活用できるケコミ収納や食洗機など「夢を全部かなえました」と奥さま。収納は容量だけでなく位置にも配慮したことで、以前は家電棚でふさがっていた窓から光が舞い込むようになり、空間全体が明るい印象になりました

浴室乾燥機を採用したバスルーム。断熱性に優れた構造なので「冬場もヒヤッとすることがなく、快適に入浴出来ます」

トイレには温水洗便座を。壁面に埋め込まれた紙巻器付き収納は、階段下の限られたスペースをすっきり見せる効果が


※掲載情報は、施工当時のものです。現在販売を終了している商品もございますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ