プラメイクウォール

Q&A・取り扱い上の注意

Q&A こんなときってどうなの?

Q.1 コンセントが隠れて使えなくなることはありませんか?

A.1

今ある位置のままコンセントをお使いいただけます。リフォーム店が事前に現場調査を行いコンセントやエアコン配管穴の位置を確認し、お部屋に合わせてプラメイクウォールを加工します。

Q.2 プラメイクウォールの効果で夏場に暑さが増すことはありませんか?

A.2

「プラメイクウォール」でリフォームした部屋は断熱性能が高くなります。そのため、窓からの日差しが入り続けて室温が上がってしまうと、熱が逃げにくくなります。窓に日よけシェードや遮熱カーテンをつけたり、窓を開けて風を通すことをおすすめします。

Q.3 工事のとき家の中にいてもよいですか?

A.3

工事中も家の中でお過ごしいただけます。「プラメイクウォール」は、ひと部屋ごとにリフォームを行うため、事前に工事する部屋の荷物を移動していただければOKです。

Q.4 壁に絵画を飾ったり、ポスターを貼ったりできますか?

A.4

釘や画鋲などを壁に刺してしまうと、真空断熱材に穴が空いて壁が膨張する場合がありますので、ピクチャーレールやマグネットを設置することをおすすめします。

Q.5 浴室や洗面室が寒いのですが、断熱リフォームできますか?

A.5

浴室には対応していません。洗面室の壁は工事可能です。

取り扱い上の注意

地域について

次世代省エネルギー基準地域区分のⅢ地域以南でご使用いただけます。

ご採用にあたって
壁に絵画やフックを設置したい場合は、
リフォーム店にご相談ください。

「プラメイクウォール」を取り付けた壁に、釘や画鋲などを刺すことができないため、絵画などの取り付けをご希望される場合は、リフォーム店にご相談ください。

ワイヤレス機器を利用される場合は、
リフォーム店にご相談ください。

断熱リフォームによりラジオ、ワイヤレス機器(携帯電話、無線LAN、ワイヤレス火災報知器)などの受信状態が悪くなる場合があります。これらの無線機器を利用されている場合はリフォーム店にご相談ください。

石油・ガス暖房使用時には
定期的に換気を行ってください。

断熱リフォームによって部屋の気密性が高まるため、人体に有害な影響のおそれがあります。
2003年7月14日施行のシックハウス対策法令に基づいた建築以前の住宅の場合、計画換気が設けられていないことが一般的です。
窓からの換気が期待できない場合、換気設備の追加をおすすめします。
開放型の燃焼式暖房器具やガス湯沸かし器を使用する場合、必要とされる換気条件を確保できないおそれがあります。機器の取扱説明書をよく読んで、換気条件に従ってご使用ください。

使用上のご注意
換気には十分ご注意ください。

断熱リフォームによって部屋の気密性が高まるため調理や加湿器などの水蒸気により結露が発生して建物を傷めるおそれがあります。

次世代省エネルギー基準の地域区分

くわしい地域区分はこちら(PDF)

このページのトップへ